害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

クシヒゲシバンムシの触角

クシヒゲシバンムシの触角

シバンムシ類の成虫は小さな体のわりに触角の発達した甲虫です。クシヒゲシバンムシの触角をルーペや双眼顕微鏡で見ると雄雌とも11節から構成されていることや、鋸歯状のメスに比べてオスは櫛歯状のふさふさした触角をもっていることがわかります。

触角には嗅覚<きゅうかく>を司る感覚子<かんかくし>があり、メスの性フェロモンを鋭敏に感知する役目を果たしています。

クシヒゲシバンムシの触角

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop