害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

スカシチャタテの発音器官

スカシチャタテの発音器官

チャタテムシには発音してその音を雌雄の交信に使う種類があります。コチャタテ類は口器の大顎<おおあご>や小顎ひげ、または腹端で障子などの紙を叩いて音を出します。

スカシチャタテは後脚<うしろあし>の基節<きせつ>に発音器官をもっています。拡大すると、この器官はヤスリ状部と鏡胞<きょうほう>部から構成され、左右のこすり合わせで音を出すのです。

人の耳にはギジギジ・・・・・・と聞こえます。

スカシチャタテの発音器官

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop