害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

世界最小の昆虫

世界最小の昆虫

世界最小の昆虫はアザミウマタマゴバチです。このハチはアザミウマの卵に寄生して育ち、体長が僅か0.18mmしかありません。
このような微小種でも体の基本構造はスズメバチなどと同じで、体は頭・胸・腹の3部に分かれ、2対の翅、3対の脚、1対の複眼、3個の単眼、1対の触角をもち、神経系、筋肉系、消化系、呼吸系などの内部構造も完備しています。

世界最小の昆虫

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop