害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

アカイエカ

料金表はこちら

カの仲間

料金表はこちら

アカイエカは人家に最も普通の蚊で、アカイエカ英名をCommon house mosquitoといいます。成虫は灰褐色で、胸背部はわずかに橙色がかっています。和名のような赤い蚊ではありません。蚊の幼虫(ボウウラ)は、ハエの幼虫(ウジ)と違って、頭、胸、腹の区分があり、とくにアカイエカなどのイエカ類ではっきりしています。
アカイエカの幼虫では腹端の呼吸管がヤブカ類に比べて細長いのが特徴です。
アカイエカのメス成虫は汚水溜めやどぶ川の水面に静止して、舟形の卵塊アカイエカの卵塊を産みます(写真参
照)。卵塊は卵舟とも呼ばれ、卵の数は約150個です。産卵直後は白色ですが、数時間後に黒くなります。

人間のほかには鶏からもよく吸血しますが大動物はあまり好みません。越冬態は成虫です。沖縄に生息するアカイエカは別亜種のネッタイイエカC.p.quinquefasciatusであり、チカイエカも含めて「アカイエカ群」と呼びます。

カの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop