害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

アカウシアブ

料金表はこちら

吸血性アブの仲間

料金表はこちら

アカウシアブはアブ科のなかで最も種類数の多いアブ属Tabanus代表種であり北海道、本州、四国、九州に広く分布しています。

成虫は体長25-30ミリ、吸血性アブの最大種です。触角は橙赤色、胸背部には黒と橙色の縦条、腹背部には黒と橙色の黄帯があり、スズメバチによく似ているのでハチアブという別名で呼ばれます。

成虫は6月から9月にかけての日中活動し、人や牛馬から吸血します。人では上半身を、ウシやウマでは背中の部分を襲う習性があり、1回の吸血量は0.6mlにも及びます。
水辺の草に円錐形の卵塊が産み付けられ、卵粒数は約1,000個に達し、吸血性アブの中で最も多い産卵数です。
幼虫は主に林地内の渓流にそった湿地で育ちます。
近縁の種類にニセアカウジアブ T.chrysurinus などがあります。

アカウシアブ

吸血性アブの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop