害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

イエバエ

料金表はこちら

ハエの仲間

料金表はこちら

イエバエは代表的な家住性のハエであイエバエり、標準和名がイエバエ、英名もHouseflyといいます。イエバエは一生のほとんどを人の生活環境内で過ごし、人とともに栄えてきたハエです。
成虫の体長は7~8mmで灰黒色、胸背に4本の黒縦線をもち、腹面は黄白色、オスでは先端に黒斑があります。また、メスの複眼間はオスより幅広く、これも 雌雄の区別点です。
イエバエは昼間、家の台所や居間で澱粉質の食物や牛乳などにたかり、交尾などの活動を行いますが、夜間には天井面に静止する習性を持っています。

成虫が発生するピークは、本州以南では初夏と秋の2回、北海道においては7・8月の1回です。都会地ではおもに厨茶、農村では畜舎や鶏舎が発生源です。越 冬態は成虫です。
最近、イエバエは病原性大腸菌O-157の運搬者として注目されるようになりました。とくに牛舎のイエバエが要注意です。

ハエの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop