害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

イヨシロオビアブ

料金表はこちら

吸血性アブの仲間

料金表はこちら

イヨシロオビアブはツナギアブ Hirosia 属の代表種で、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地に多いアブです。

成虫は体長10-14ミリ、胸背部は黒灰色で後端が明瞭な白色を呈しています。腹背は黒色で白色の横帯があります。

成虫は7月上旬から9月下旬にかけて発生し、吸血活動をおこなうのは日中よりも早朝や夕方の薄暮時に盛んです。無吸血で最初の産卵をし、その後激しく吸血するようになって2回目の産卵をします。
幼虫は林の渓流にそった蘚苔<せんたい>類の多い土壌や朽木中に生息し、斑紋をもっています。

イヨシロオビアブ

吸血性アブの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop