害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

オオチョウバエ

料金表はこちら

ユスリカ、チョウバエの仲間

料金表はこちら

オオチョウバエはチョウバエ科に属し、本州、四国、オオチョウバエ成虫九州に分布して
います。成虫は体長約4mm、暗灰色、終齢幼虫は体長約9mmです。

メス成虫は僅か5-6日の寿命の間に50-100個の卵を水辺に産みつけます。幼虫は下水溝、浄水槽、汚水処理場の汚泥中にすんで有機物を食べ、水面上に呼吸管を出して空気を吸い、移動法は蠕動<ぜんどう>運動を用います。近年、とくに浄化槽から大発生することが多く、次のホシチョウバエとともに「濾床<ろしょう>バエ」の別名があります。人家の居間に侵入して細菌の運搬者となるので要注意です。

ユスリカ、チョウバエの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop