害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

ケオブスネズミノミ

料金表はこちら

シラミとノミの仲間

料金表はこちら

ケオプスネズミはペスト菌Pasteurella pestisを媒介するノミです。別名をケオプスネズミノミトンドネズミともいいます。
成虫はヒトノミに比べて小さく1.5-2mm、頭は丸味を帯び、額の部分や胸部に棘はありませんが、頭部の後縁に5-6本の剛毛と触角の先に2本の剛毛をもつのが特徴です。ヒトノミは触覚に剛毛が生えていないので区別できます。

クマネズミやドブネズミに多いノミですが、人や数十種の哺乳類にも外部寄生します。日本では本州、四国、九州の港で発見され、発生のピークは夏季です。

ペスト菌はインド北部やアメリカ西部などのネズミに常在し、イエネズミ(クマネズミやドブネズミ)や人に感染して流行を起こします。幸い、現在の日本にはペストは存在していませんが、有毒なネズミやノミが侵入してくると流行の危険性があります。

シラミとノミの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop