害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

コガタアカイエカ

料金表はこちら

カの仲間

料金表はこちら

コガタアカイエカの和名は「小型のアコガタアカイエカカイエカ」に由来しますが、黒い感じの蚊で、口吻の中央に白帯を持っているのが特徴です。幼虫の呼吸管は非常に細長く、長さを幅で割った呼吸管比は6~10です(写真参照)。

幼虫は水田、沼、城の堀などの広い水域で育ち、成虫は遠距離まで飛翔します。分布地域は日本、韓国、中国、東南アジアなどです。越冬態は成虫、発生のピークは盛夏です。
コガタアカイエカはイエカ類の中で最も激しく吸血します。しかも日本脳炎ウイルスの媒介をするので衛生上重コガタアカイエカ幼虫要な蚊です。豚がウイルスの増幅動物として注目されています。豚の体内で増えたウイルスが吸血した蚊に移り、人への感染源となります。脳炎ウイルスは蚊→豚→人の順序をたどるわけです。

以前、水田のコガタアカイエカは農薬のまきぞえで死んでいましたが、近年、有機燐剤に強い抵抗性が発達し、問題になっています。

カの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop