害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

ゴマフアブ

料金表はこちら

吸血性アブの仲間

料金表はこちら

ゴマフアブはゴマフアブ Haematopota 属の代表種で、北海道と本州に分布しています。
和名「胡麻斑」<ゴマフ>のいわれは翅に点状の斑紋をもつことに由来したものです。
成虫は体長8-12ミリ、胸背部は黒褐色で5本の縦条をもっています。

成虫は7月から9月にかけて現れ、本州においては主として山地で、日中も夕方も激しく人やウシ、ウマを襲って吸血活動をおこないます。
幼虫は林の土壌中に生息し、ミミズや小昆虫を捕食して育ちます。

ゴマフアブは別属のイヨシロオビアブなどと同様に無吸血産卵が可能です。無吸血で1回目の産卵をおこなう性質はチカイエカでよく知られていますが、アブの中にも共通した習性をもつものがいるわけです。
ゴマフアブの近縁種にはアカバゴマフアブ H.rufipennis Bigotがあります。

ゴマフアブ

吸血性アブの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop