害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

センチニクバエ

料金表はこちら

ハエの仲間

料金表はこちら

センチニクバエはニクバエ科に属し、センチニクバエ大型で成虫の体長は 9~11mm、灰色で胸背に3本の黒い縦線をもち、腹部は市松模様、複眼は朱色です。日本全国に分布しています。
ニクバエ類のくらしで大きな特徴は卵胎生(らんたいせい)をすることです。卵は母体内でふ化し、1齢幼虫が生まれてきます。
幼虫が育つ発生源は便池、畜舎、動物の死体や糞、動物質を多く含んだ厨茶です。発生のピークは7・8月の盛夏であり、夏季汲取便所の便槽に生息するウジの 大部分はセンチニクバエの幼虫です。
秋、発生源近くの土中にもぐった成熟幼虫は蛹化し、完全な休眠状態になった蛹で越冬します。センチニクバエの生活史はイエバエ科やクロバエ科とずいぶん違 います。
ニクバエの仲間は日本に107種も生息し、センチニクバエ以外の重要種はゲンロクニクバエ、ナミニクバエなどです。

ハエの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop