害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

トビズムカデ

料金表はこちら

ムカデの仲間

料金表はこちら

トビズムカデはオオムカデ目<もく>Scolopendromorpraのオオムカデ科Scolopendridae
に属する大型種で成長すると体長15センチに達します。頭部が鳶<とび>色を呈しているのでトビズ(鳶頭)と命名されました。胴の背面は黒褐色、腹面と歩脚の数は21対42本です。頭の両側には各4個ずつの単眼をもっていますが複眼はありません。本州、四国、九州、沖縄に分布しています。

メスは夏季に落葉の中で産卵し、体をS字状にまるめて約50個の卵を多数の歩脚で包んで保護します。卵期間は約20日間、ふ化した幼虫が2

回脱皮して巣立って行くまで約2ヶ月間母親は食物をとらず育児に専念します。幼虫は脱皮を10回以上も重ねて3-4年がかりで成長をとげます。
トビズムカデは人家内に侵入することが多く、咬まれる被害がよく起こる種類です。

トビズムカデ

ムカデの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop