害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

ニワトリヌカカ

料金表はこちら

ヌカカの仲間

料金表はこちら

ニワトリヌカカはヌカカ科Ceratopogonidaeの代表的な種類で、ニワトリヌカカ成虫の体長は約1.3ミリ、翅長は約1.2ミリ、体は暗緑黄色、暗色透明な翅には15個の円形白色の斑紋が散在し、前縁の中央に褐色紋があります。
北海道を除く日本各地と中国大陸、東南アジアに分布しています。

幼虫は主に水田で発生し、体は細長く水中で蛇行運動をします。メス成虫は人からも吸血しますが、とくにニワトリを好み鶏舎に飛来して吸血するのでニワトリヌカカの和名があります。成虫は4月から9月に出現し、吸血活動のピークは7-8月です。ニワトリヌカカの翅

ニワトリヌカカは吸血だけでなく、鶏の住血性原虫病の病原体ロイコチトゾーンという原虫(原生動物)を媒介して大害を与えます。

本種の成虫対策用にペルメトリンと忌避剤を配合した乳剤が動物薬として承認されており、400倍液を1羽に30ミリリットル直接噴霧します。

ヌカカの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop