害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

ヒトスジシマカ

料金表はこちら

カの仲間

料金表はこちら

ヤブカの仲間には、Aedes属のヒトズヒトスジシマカジシマカ、トウゴウヤブカ、キンイロヤブカ、Armigeres属のオオクロヤブカなどがありますが、ヒトスジシマカは最も代表的な種類です。

ヒトスジシマカの成虫は黒色で、体や脚に白い斑紋を持っています。幼虫はイエカ類に比べて胸のふくらみが少なく、呼吸管は短くて、くねくねした泳ぎをするボウフラです。

ヒトスジシマカの幼虫は石の手洗鉢、缶詰の空缶、墓地の花立やあか水入れ、つまった樋、竹の切り株などの小さな水域で育ちます。

メスの成虫は水際の苔などに産卵します。イエカ類のような卵塊でなく、ばらばらの卵粒です。卵は乾燥に強く、卵で冬を越します。日本における分布の北限は宮城県や山形県であり、東北北部や北海道にはすんでいません。
トウゴウヤブカの幼虫はヒトスジシマカの育つ水域のほか、海岸の潮溜まりでも育つ塩分に強いボウウラです。

カの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop