害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

ミヤマヌカカ

料金表はこちら

ヌカカの仲間

料金表はこちら

ミヤマヌカカはヌカカ科、ヌカカ属の日本全土に最も普通にミヤマヌカカの翅分布する種類です。
成虫は体長、翅長とも約1.0ミリ、翅には3本の暗斑帯をもち、体は黒色です。幼虫は水生でなく、牛糞や糞で汚れた土壌中で育ちます。
年1回の発生で、成虫の吸血活動の最盛期は夏から秋です。

ミヤマヌカカは人から激しく吸血するほか、ウシやニワトリなどの家畜や家禽も襲います。とくに、ウシのさまざまなウィルス病を媒介する危険な害虫です。

ミヤマヌカカによるウシの伝染病には、牛流行熱や流行性感昌様の症状などがあり、数年ごとの周期で流行が繰り返されるようです。妊娠した牛がウィルスに感染した場合には胎児の発育が阻害され、早産、死産が多発します。病原体のウィルスは南方起源のものと考えられています。

ヌカカの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop