害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

カツブシチャタテ

料金表はこちら

チャタテムシの仲間

料金表はこちら

カツブシチャタテはコナチャタテ科に属し、世界各地に分布する種類で、日本ではカツブシチャタテヒラタチャタテに次いで多いといわれています。和名で鰹節でよく見られることにちなんだものであり、英名でもDried fish booklouse(乾魚のチャタテムシ)と呼ばれます。

成虫は体長1.0-1.5ミリ、淡黄色で腹部背板の第3、4節の後縁と第6~9節の前縁に赤褐色の横帯があります。翅は退化して無翅です。

熱帯地方では野外にもすみ、腐葉土、木の葉、洞窟や鳥の羽毛で発見されますが、日本ではもっぱら家屋内にすんでいます。各種の乾燥食品、動植物の標本、書籍を加害するほかカビを食べます。本種は博物館や美術館における発生頻度が高く、文化財の害虫として要注意です。
カツブシチャタテの発生を抑えるには多湿にならないようにすることが基本です。

チャタテムシの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop