害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

シバンムシアリガタバチ

料金表はこちら

益虫・害虫と不快害虫の仲間

料金表はこちら

シバンムシアリガタバチ

 

 

 

 

シバンムシアリガタバチは膜翅目<まくしもく>(ハチ目<もく>)のアリガタバチ科Bethylidaeに属し、形がアリに似ているので蟻形蜂と呼ばれ、和名のように幼虫はシバンムシに寄生して育ちます。
本州、四国、九州に分布し、成虫の体長はメス2mm、オス1.5mm、赤褐色で、メスは無翅、オスには有翅型と無翅型があります。メスは一般のハチと同様、産卵管が毒針の役をして激しく人を刺す害虫です。しかし、乾燥食品、薬草、菓子類を食害するシバンムシの天敵としては益虫でもあります。主な寄主<きしゅ>はジンサンシバンムシとタバコシバンムシです。

益虫・害虫と不快害虫の仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop