害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

ツチハンミョウ類

料金表はこちら

毒液を出す虫の仲間

料金表はこちら

ツチハンミョウ科MeloidaeのMeloe属の甲虫で、代表的な種類はオオツチハンミョウ、カラフトツチハンミョウ、ヒメツチハンミョウ、マルクビツチハンミョウ、ミヤツチハンミョウ、キュウシュウツチハンミョウです。

体調は1-3センチ、青藍色か紫藍色で、腹が太く、鞘翅(前翅)は短く、後翅を欠き飛ぶことができません。成虫は危険が迫るとカンタリジンを含んだ体液を分泌します。

成虫の餌は植物の葉で、メスは土中に5000もの卵を産みます。ツチハンミョウの仲間は不思議な生い立ちをする昆虫です。卵からふ化した1齢幼虫は草の茎をよじのぼって花の上でハナバチの飛来を待ちます。訪花したハナバチのメスに運よくしがみつくことのできた幼虫はハチの巣に運ばれ、産卵の時ハチの卵と一緒に蜜の上に降ります。
幼虫はハチの卵を食べた後、蜜と花粉を横取りして成長し、蛹を経て成虫が羽化する生活史です。

ツチハンミョウ

毒液を出す虫の仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop