害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

ニホンミツバチとセイヨウミツバチ

料金表はこちら

ハチの仲間

料金表はこちら

ニホンミツバチは太古の時代から樹洞をすみかにしてきた日本固有のミツバ飛翔中のセイヨウミツバチチです。アジア大陸に分布するトウヨウミツバチの1亜種であり、多くは野生のくらしをしています。

セイヨウミツバチはヨーロッパ原産で、日本には明治10年(1877年)にアメリカ経由で輸入され、養蜂家に飼われています。採蜜用に約25万群、花粉媒介用に約15万群があり、カイコと並ぶ代表的な有用昆虫です。

ニホンミツバチはセイヨウミツバチよりも体がやや小さくて色が黒く、後翅の翅脈も違います。また、セイヨウミツバチの働きバチはプロポリス(蜂脂<
はちやに>)を生産しますが、ニホンミツバチはプロポリスを作りません。プロポリスは蜜蝋に植物樹脂の混ざったもので、巣壁の隙間などの補強剤になります。
両種とも、スズメバチなどに比べて攻撃性は弱いのですが、巣を刺激すると刺されます。

ハチの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop