害虫辞典 日本昆虫学会会名誉会長 安富和男氏監修

ワモンゴキブリ

料金表はこちら

ゴキブリの仲間

料金表はこちら

ワモンゴキブリはアフリカ原産ですがワモンゴキブリ、今では世界的に分布をひろげており、アメリカゴキブリの別名をもっています。日本における分布はもともと南九州から種子島、奄美、沖縄方面でしたが、暖房がよくなったため北九州、四国はもちろん、本州にもすみつくようになりました。
成虫の体長は40~48ミリ、光沢のある褐色で、前胸部に黄白色の輪紋をもつのが特徴です。若齢幼虫は褐色ですが、成長するにしたがって赤褐色になり前胸の輪紋が現れてきます。

ワモンゴキブリは低温に弱く、休眠性がなく、20℃以下では活動できません。卵鞘中の卵数は14~18個、30~40日後に幼虫がふ化し、脱皮回数は11 回、幼虫期間は6か月です。
ワモンゴキブリは地下食品街、団地、旅館に多く生息し、かつて炭坑内で被覆電線をかじるので問題になりました。また、浄化槽に群をつくってすんでいること があります。

ゴキブリの仲間

目次へもどる

無料診断、お見積り受付中!

  • お電話からお問合せ0120-188640[受付]月~土曜 8:30~17:30(10~3月は土曜 休業日)
  • WEBフォームからお問合せ

マスコットキャラクター

マモールくん

いつも目を見開いて、害虫・害獣・ウイルスに素早く反応できる体勢でいます。

みなさんの暮らしと安全をまもーる!

安全・安心・快適な環境をクリエイト 運営会社滋賀環境衛生株式会社

pagetop